b:id:sample b:id:sample:20050707 b:id:sample:favorite b:id:sample:asin [b:id:sample:t:hatena] [b:t:hatena] [b:keyword:はてな]

水上バスで、喧騒のない東京の街に出会える! スカイツリー・ベイサイドなどの景観を堪能!

爽やかな川の風に吹かれながら、喧騒のない都会の情景を堪能できる東京水辺ライン

水上バスから、今まで見たことのない世界が広がる

 東京において水上バスは、デッキで川風に吹かれながら、いつもとはちがう喧騒のない都市空間を眺められるところが素晴らしく爽快です。この東京水辺ライン水上バスでは、築地や佃島のベイサイドの高層マンションを水上から見る景観が、今までに見たことのない光景にも見えます。両国をスタート地点として、浅草・荒川遊園などに停泊して、板橋区の小豆沢発着場に到着します。浅草からは、江戸時代からある吾妻橋や、大人気のスカイツリーを気持ちよく見ることができます。そして、小豆沢発着場から川を下る方向に進行を変えて、葛西臨海公園お台場海浜公園浜離宮公園などに停泊しながら、両国に向かう周回コースとなっています。

f:id:PHILOSOPHIA_SOCIETY:20170719184921p:plain

日常の街並みにあるいつもの小豆沢発着場の穏やかな光景

 江戸東京ぶらり旅コースといちにちゆらり旅コースの最上流に位置する板橋区の小豆沢発着場は、日常の穏やかな街並みにどこかおしゃれな情景として、ひっそりと映し出されます。この発着場についても、防災船の「あじさい」と「さくら」と同様に東京都の災害時に、使用されることもあるようです。東日本大震災の時には、この防災船が、活動しています。

f:id:PHILOSOPHIA_SOCIETY:20170719175607j:plain

※上の写真は、小豆沢発着場

浅草、葛西臨海公園お台場海浜公園浜離宮公園、両国などを水上バスで周遊ぶらり旅!

 この東京の隅田川、荒川を東京湾で結んで周回する水上バスは、江戸東京ぶらり旅コースといちにちゆらり旅コースがあります。いちにちゆらり旅コースは、年に11回運行されるもので、赤羽にある岩淵水門をとおって、新河岸川から、荒川に移動します。岩淵水門のゲートが開いて、船上から水門を見ながら通過します。8月31日(木)、9月28日(木)などに運航され、今年の最終便は10月27日(金)となります。江戸東京ぶらり旅コースは年に1回運航され、今年は8月29日(火)となります。江戸東京ぶらり旅コースの場合には、小豆沢発着場から隅田水門を通過して、荒川に移動して、東京湾に向けて川を下ります。

f:id:PHILOSOPHIA_SOCIETY:20170719175739p:plain

眺望のよいデッキから、川風に吹かれながら、景観を楽しむことができる

 この2コースの水上バスでは、レインボーブリッジ、勝鬨橋、両国橋など、いくつもの大きな橋脚の間を通り抜けていきます。潮が高い時には、橋のなかには、水上バスのデッキに人が立てないほどのものもあります。隅田川の荒川遊園付近などが、この低い橋のエリアとなります。船内では、名所や橋の紹介的な案内が放送されています。デッキには、乗船した方全員が、上がれるスペースがあります。

f:id:PHILOSOPHIA_SOCIETY:20170719184908p:plain

※写真は、浜離宮公園です。

周遊コースは、のんびりと所要8~9時間。飲食物持込みでアルコールOK

 水上バスに使用されている船は、東京都の所有する防災船で、「あじさい」と「さくら」があります。この水上バスでの運航の時には、周遊2コースともに定員は60名から80名となります。船の屋根部分には、デッキが設置されており、川の爽快な風に吹かれながらの眺望が楽しめます。船内には、ベンチを含めて十分な座席が用意されています。全席が自由席です。周遊コースは所要時間が約8~9時間となることから、食事が必要となりますが、船内にある販売機のソフトドリンク以外は、飲食物は各自による持込みとなっています。アルコールは、座席で、楽しむことができます。

f:id:PHILOSOPHIA_SOCIETY:20170719175735p:plain

※上の図は、「さくら」「あじさい」の船内図

乗船券の購入は、1カ月前からインターネット・電話で予約から

 乗船券の購入は、1カ月前から可能となり、インターネットもしくは、電話での予約からの購入となります。江戸時代の趣を感じる浜離宮庭園では、発着場が園内にあるため、同園の入場券(64歳まで240円、65歳から120円)が必要となります。江戸東京ぶらり旅コースといちにちゆらり旅コースのいずれも、最初から最後まで周遊すると3,090円となります。乗降は、どの発着場でも可能ですが、停泊時間が短いため、周遊途中に発着場で買い物・食事に行くことはできません。

f:id:PHILOSOPHIA_SOCIETY:20170719184912p:plain

 ※上の写真は、別のイベント企画のナイトクルーズです。

水上バスには、喧騒のない爽やかな情景から、今まで見たことのない都会のイメージが広がる

 平日の運航が多いこともあり、東京水辺ライン水上バスは大人気でありながら、「なかなか乗れなかった」と時間がかかっても実現したファン喜びの声も多いそうです。老若男女を問わず大人気の周遊ツアーです。自然を感じることがむずかしい都会の生活空間を川の爽やかな風に吹かれながら、ベイサイドの高層ビルのおしゃれな景観や、浜離宮公園の庭園の美しさ、河川沿岸の一般的な情景にも、水上から眺めることで、いつもの都会のイメージにない新しい世界があります。レインボーブリッジや、スカイツリーの夜景を水上バスで楽しむナイトクルーズや、お台場の花火大会を船上から楽しむものまで、イベントとして水上バスのツアーが開催されており、大人気です。