b:id:sample b:id:sample:20050707 b:id:sample:favorite b:id:sample:asin [b:id:sample:t:hatena] [b:t:hatena] [b:keyword:はてな]

東京オリンピックに向けて応援! 11月12日に東京五輪1000日前の地域イベント開催! トップアスリートのまち・北区

リオ五輪出場選手も参加する2017スポーツ祭りを10月9日にJOCなどの主催で開催!

 東京都の北区西が丘には、国立スポーツ科学センターがあります。この隣にある味の素ナショナルトレーニングセンターと両方の施設に日本のトップアスリートたちがオリンピックなどを目指して練習に訪れます。近隣に住むことで練習環境を良くしているアスリートもいるそうです。北区では、このような日本のトップアスリートたちに対して、近隣の企業への就職ナビゲーションなどの応援まで東京オリンピックに向けて活動しています。10月9日(祝)には、この国立スポーツ科学センターと周辺施設で、体育の日にちなんで、恒例の「スポーツ祭り」が、スポーツ庁JOCなどの主催により、北区・板橋区などの後援で開催されます。荻原兄弟や、リオ五輪柔道銅メダリストの中村美里さんなどの日本代表級の方々が講師などで、子供たちの指導などに訪れる予定です。また、北区では、11月12日(日)には、東京オリンピックの1000日前をPRして赤羽体育館で地域イベントを開催します。さらに、フェンシング・バスケットボールなど10種目でトップアスリート直伝教室などを主に区内地域の小中学生に向けて開催しています。

f:id:PHILOSOPHIA_SOCIETY:20170831201801p:plain 国立スポーツ科学センターの外観

東京オリンピック出場に向けてアスリートを応援!「ROUTE2020 トレセン通り」を設置

 北区では、区民とともに東京オリンピックへの機運を高める活動をすすめています。ナショナルトレーニングセンターに練習に通うアスリートたちが通る道を「ROUTE2020 トレセン通り」と名付けて、愛称標識名などを設置しています。稲付山公園内には、アスリート手形モニュメントを設置しています。ここでは、リオオリンピック出場の中村航輔さん(サッカー)や、長谷川 涼香さん(競泳)、リオパラリンピック出場の池愛里さん(競泳)らの手形が見られます。また、PRのための広告塔のデザインも更新しています。

f:id:PHILOSOPHIA_SOCIETY:20170831201558g:plain ROUTE2020 トレセン通り

東京オリンピック出場に向けて、練習環境を充実!

 ナショナルトレーニングセンターが練習場となるトップアスリートたちのさらなる練習の充実に向けた生活環境の向上のために、地域の企業への就職ナビゲーションを行っています。この地域の企業への就職でのマッチングとなる「就職支援ナビゲーション アスナビ」は、JOCの主催により板橋区や北区などが共催して7月19日に開催されました。今までの実績は、城北信用金庫に6名、別に3名のアスリートの方が地域の企業への就職を決めています。週何度かの出社により、オリンピックなどに向けて練習に打ち込める環境が整うことで、就職したアスリートの方は日々の練習を充実させているそうです。

f:id:PHILOSOPHIA_SOCIETY:20170831190317g:plain

アスリート手形モニュメントの選手の手形(稲付山公園内)

東京オリンピック開催中にも、使用される練習施設

 この国立スポーツ科学センターと近接する味の素ナショナルトレーニングセンターは、東京オリンピック開催前から、代表選手が調整に訪れます。このナショナルトレーニングセンターでは、競泳用プールやフェンシング練習場、新体操練習場、シンクロナイズドスイミング練習場などがあります。この国立スポーツ科学センターのとなりには、味の素ナショナルトレーニングセンターがあり、ここには、体操・バレーボール・バスケットボール・柔道・レスリング・ウエイトリフティング・ボクシングなどの屋内練習場と陸上競技用の屋外トレーニング場、テニスコートなどから、宿泊施設までが完備されています。味の素ナショナルトレーニングセンターは、国立スポーツ科学センターと同じく、独立行政法人日本スポーツ振興センターが管理・運営しています。 国立スポーツ科学センターには、ナショナルトレーニングセンターのほかにメディカルセンターも設置されており、スポーツの専門医による診察室から臨床検査室、リハビリテーション室などまで、あります。しかし、一般の方は利用できません。各競技の日本協会からの推薦状によって、トップアスリートたちはセンターの利用が可能となります。昨年度において、延べでの年間利用者数は、味の素ナショナルトレーニングセンターとあわせて、16万1429人となっています。

f:id:PHILOSOPHIA_SOCIETY:20170831190436g:plain 国立スポーツ科学センター味の素ナショナルトレーニングセンター国立スポーツ科学センター味の素フィールド西が丘と表記された施設以外が味の素ナショナルトレーニングセンターです)

荻原兄弟・リオオリンピック出場選手・元日本代表が参加!

 国立スポーツ科学センターと周辺にある西が丘競技場などのスポーツ施設が会場となって、恒例の「スポーツ祭り」が、10月9日(祝)に開催されます。事前申し込みで抽選に当選した子供たちが、サッカー、陸上競技、バスケットボール、ドッジボールなどの22の競技において、オリンピック選手や日本代表級の講師などに教わることができます。今年、登場するアスリートは、スキーノルディック複合の荻原兄弟や、リオ五輪出場選手から、成松大介さん(ボクシング)、松本潮霞さん(ウエイトリフティング)、中村美里さん(柔道)らが参加メンバーとなり、ほかにも、女子バレーボール界で有名な大林素子さんなどの多くの日本代表級のアスリートが訪れます。

応募はこちらのアドレスになります。 http://www.sports-matsuri.jp/entry.php

f:id:PHILOSOPHIA_SOCIETY:20170831190634g:plain 2016スポーツ祭り

東京オリンピックで国民が強く元気になる!

 東京オリンピックの1000日前をPRする地域イベントが11月12日(日)に、赤羽体育館で開催されます。国立スポーツ科学センターなどが、東京オリンピックで、さらによい役割を果たせるようにも、地域における東京オリンピックでのスポーツにおけるレガシーの普及にも、周辺地域である北区や板橋区は、機運が盛り上がるように活動しています。北区の車いすフェンシング教室から、東京オリンピック出場選手が輩出されるかもしれません。東京オリンピックに向けて、努力を積み上げるトップアスリートの姿にも、応援の声をかけてあげたいと思います。東京オリンピックの成功に向けて、様々な課題を今後も解決していかなくてはいけないことにも、注目していきたいです。東京オリンピック開催により、国民がスポーツなどのレガシーで強く元気になりたいものです。