b:id:sample b:id:sample:20050707 b:id:sample:favorite b:id:sample:asin [b:id:sample:t:hatena] [b:t:hatena] [b:keyword:はてな]

生活のしやすさもある板橋区・北区・練馬区 ! 環境にやさしいスマートハウスで新しいライフスタイル

神奈川県や埼玉県、千葉県の緑のある良い環境で住むこともいいですが、東京23区内でも、意外と地価が高くならずに住みやすいところもあります。都心から少し離れているわりには、電車の便もよくて、通勤にもよい地域として、城北地区の北側にある板橋区・北区・練馬区があります。各区の地域には、都心に向かう電車があり、多くの駅の周辺に商店街やスーパーがあります。物価も意外と安く、穏やかな地域も多くあります。この3区以外にも、このような住みやすい地域がたくさんあると思います。東京23区内を住環境としてよく見てみることもよいことかと思います。

f:id:PHILOSOPHIA_SOCIETY:20171027235239j:plain

近未来的にも思えるスマートハウスに住んでみたい

帰宅途中にスマートホンによって、自宅の暖房装置とお風呂の給湯装置を先に稼働させておくことで、家に到着した時には、あたたかい室内に入り、すぐにお風呂につかることも可能になるのが、一般的なスマートハウスです。窓のシャッターを、コントローラーの操作により、開閉することもできます。消費する電力が、自宅の太陽光発電により、自給率100%以上にもなるスマートハウスもあります。100%以上の余剰部分の電気は、売電制度で売ることができます。屋根に設置するパネルの大きさや、日当たりの具合いによっては、自給率300%も可能になります。電気代がかからないばかりか、売電により、収入を得ることまでできるようになります。まさに近未来的なイメージにもなるスマートハウスです。

f:id:PHILOSOPHIA_SOCIETY:20171027235358j:plain  パナホームスマートハウス「カサート エココルディス」

お家は、オアシス!さらに快適にしてみたい!

こんなスマートハウス板橋区・北区・練馬区の地域に建てれば、通勤も楽にできて、住み心地の良い家でゆったりと落ち着くこともできます。このようなライフスタイルも、現代の仕事で残業が多いこともあるような世の中でも、快適なオアシスのようなお家となります。23区内に住んでいれば、転職があっても、国内で仕事が一番多い東京ですから、安心です。このようなプランを考えて住宅展示場を見に行くことは、夢があってとても楽しいです。展示場には、スマートハウスの設備を置いていないこともあります。スマートハウスの設備が見たい場合には、事前に確認しておいたほうがよいようです。

住宅展示場で、新しい住宅から、様々な生活イメージを体感!

住宅展示場で室内を見学してみると、夢のある魅力的な生活空間がいくつもあります。いくつもの快適な生活のイメージを体感することができます。休みの日には、住宅展示場を見学することで、自分の家とは別の新しい住宅から、将来的な人生イメージや、生活スタイルのイメージを何か体感してみることもよいことかと思います。住宅において、便利なものや新しい文化、流行なども知ることができます。

f:id:PHILOSOPHIA_SOCIETY:20171027235457j:plain 練馬住宅展示場 パナホームが展示する住宅

f:id:PHILOSOPHIA_SOCIETY:20171027235518j:plain パナホームが展示する住宅の室内

近未来的な生活様式が一般的に普及することに期待したい

パナホームスマートハウスの室内では、iPadサイズのコントロール装置を使用して、太陽光発電の蓄電量の状況や、室内やお風呂の状況などを知ることができます。エアコン、シャッター、お風呂の給湯などの操作などは、これ一台で済ますことができます。このコントロール装置でテレビ番組を見ることもできます。料理を作っているときでも、どこにでも、居る場所に置いてテレビ番組を見ることができます。お風呂に持ち込めるものもあります。このような生活様式の変化が近未来的な新しい文化として、一般に定着する日が来るかもしれません。

f:id:PHILOSOPHIA_SOCIETY:20171027235801j:plain パナホームスマートハウスをコントロールする装置

スマートハウスにおける太陽光発電などのシステムの基本部分の費用はどれくらいか

練馬区の地域で新築住宅を建てるスマートハウスの建築も得意なお店では、新築の建物の約10~20%がこのスマートハウスを採用しています。家を建てようとしている人の約30%が、スマートハウスにも関心を持っているようです。基本的にスマートハウスに必要な装備と概算的な金額は、子供二人の4人家族が暮らす3LDKの新築の場合に、太陽光パネル(約50万円)、蓄電池(約60万円)、エネファーム(120万円から140万円)などとなります。太陽光発電ですので、新築する屋根の日当たり具合にもよりますので、立地条件でも、設備費用が変わってきます。

平和で安全な未来に向けて、電力不足も解消するスマートハウス

地球環境にもやさしく、自然と共生していくなかで、スマートハウスは理想的なものであると思います。電気代のかからない生活は、生活費用の面でも、電力不足と言われている時代状況においても、安心ができる新しい文化となります。近未来には、スマートハウスが普通のお家となってくる日が来るかもしれません。平和で安全な時代に向けて、明るく一般的なものにまで普及していくことが期待されています。